初心者向けFX入門講座! 覚えるべき基礎知識や始め方をプロが解説

初心者向けFX入門講座! 覚えるべき基礎知識や始め方をプロが解説

記事内に広告を含みます

FXは「外国為替」の略語で、日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。

外国為替は通貨同士の交換を指し、証拠金とは取引に必要な資金を指します。

FXでは、異なる通貨を予測した方向に売買することで利益を得ることが目的です。

しかし、FXにはレバレッジや通貨ペア、ロスカットといった聞きなれない専門用語が使われています。

専門用語を知らずに取引を始めることもできますが、リスクが高いため危険です。

この記事では、これからFXを始める初心者が知っておきたいFXの基礎知識や始め方を紹介します。

女性
女性

FXを始めたいけど用語がよく分からない…

男性
男性

初心者でもFXを始められるかな?

現役FXトレーダー
現役FXトレーダー

FXは基礎知識を身につけて取引をすることでリスクを下げることができます。

現役FXトレーダーが監修
FXの神様

当サイトの記事は、現役FXトレーダーによる監修のもと運営されています。

情報参照サイト

FXとは?

FXとは


FXとは、「Foreign Exchange(外国為替)」の略語で、日本では「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)」と呼ばれています。

例えば、ドル・円といった2国間の通貨を売買して利益を求める投資方法を意味します。

FXの仕組みを簡単に説明すると、「日本円と他の通貨(例: 米ドル)など、2つの国の通貨を交換して、利益を狙う取引」です。

基本的な考え方は、外貨の為替レートが低いときに買い、高いときに売って利益を得ることです。

FX(米ドル/円)外貨預金(米ドル)
元手(1ドル100円の場合)約4円(レバレッジ25倍の場合)数百円(金額指定の場合)100円
手数料0.2銭0円~1,100円(1日定額制の場合)2円(普通預金)
金利0.35%銘柄による0.01%
レバレッジ最大25倍3.3倍(信用取引の場合)
取引時間平日24時間東京証券取引所
平日 9:00~11:30
12:30~15:00
銀行窓口が開いている時間
インターネットバンキングは平日24時間
取扱銘柄数20~30国内だけで3000銘柄以上25種類ほど
資産保全保全対象保全対象ペイオフ対象外

FXには、少額でスタートできる、手数料が比較的安い、平日24時間取引可といったメリットが多数あります。

ただし、過度なレバレッジをかけると大きな損失が生じる可能性があり、急激な相場変動のリスクも考慮しなければなりません。

現役FXトレーダー
現役FXトレーダー

FX取引で稼ぐためには、メリットだけでなくリスクも適切に理解することが重要です。

FXのメリット

FX投資 メリット

FXには多数のメリットがありますが、ここでは主な4つを取り上げます。

  • 円安・円高のどちらでも利益が狙える
  • 少額から始められる
  • スワップポイントでも利益が狙える
  • 平日なら24時間いつでも取引可能

円安・円高のどちらでも利益が狙える

通常の取引では通貨が安い時に購入し、その後価格が上がった際に売却して利益を得ることが一般的ですが、FXでは逆に通貨を売却してから後で買い戻すことで利益を得ることも可能です。

言い換えれば、円高や円安の局面に関わらず、利益を追求することができます。

少額から始められる

「レバレッジ」と呼ばれるメカニズムにより、最大で資金の25倍まで取引ができます。

レバレッジの仕組みは投資資金が少ない方にとって効率的であり、少ない元手で多くの利益が狙えます。

スワップポイントでも利益が狙える

通常のキャピタルゲインでの利益は、通貨を低い価格で購入し、その後価格が上昇した際に売却することによるものです。

しかし、FXではこれに加えて、「スワップポイント」と呼ばれる購入した通貨ペアの金利差から生じるインカムゲインも得ることができます。

平日なら24時間いつでも取引可能

一部の金融商品では、取引時間が限定され、仕事中にしか取引ができないものもあります。

ところが、FX取引は平日24時間いつでも可能なため、仕事や家事に追われる忙しい人でも柔軟に取引を行うことができます。

FXで利益が出せる2つの仕組み

FX取引のポイント

一般的にFXで利益を出す方法は2つあります。

  • 為替差益
  • スワップポイント

為替差益(為替の価格変動から得られる利益)を「キャピタルゲイン」、購入した通貨の金利差による利益(スワップポイント)を「インカムゲイン」と呼ぶことがあります。

為替差益

為替差益とは、外国為替レートの変動により生じる利益のことです。

例えば、1ドルを100円で買付けた場合、売却時の為替レートが110円(円安)では10円為替差益が出て、90円(円高)では10円為替差損が出ることになります。

スワップポイント

スワップポイントとは、2国間の金利差からもらえる利益のことです。

例えば、日本円の金利が-0.1%、米ドルの金利が0.25%の場合、金利差は0.35%となります。

この場合、毎日0.35%のスワップポイントが得られます。

為替市場では、異なる通貨にはそれぞれ異なる金利水準が設定されています。

スワップポイントは、取引者が保有する通貨によって発生する日々の金利差を示します。

具体的には、高金利通貨を持ち越す場合にはプラスのスワップポイントが発生し、低金利通貨を持ち越す場合にはマイナスのスワップポイントが発生します。

スワップポイントの利用は、短期的なトレードやポジションを保有する際に金利の差益を狙う一つの手段となります。

FXの基礎知識

FXの基礎知識

FXに取り組む際には、最低限の専門用語や仕組み、基礎的な知識を身につけることが重要です。

FXは、初心者でも手軽に始めることができ、利益を追求することも可能ですが、無計画な取引を行うと損失が生じる可能性があります。

ここではFX取引を始める前に理解しておきたい基礎知識について分かりやすく解説するので、参考にしてみてください。

通貨ペア


通貨ペアとは、取引する通貨と通貨の組み合わせを指します。

例えば、米ドルと日本円を取引する場合、通貨ペアは米ドル/円(USD/JPY)と表記されます。

FX会社によって取り扱う通貨ペアの数は異なります。

初心者には基本的にはメジャーな通貨ペアを選んで取引することをお勧めしますが、将来的には幅広く取引を行いたい場合は、多くの通貨ペアを提供するFX会社を選ぶのがベストです。

為替レート


為替レートは、2国間の通貨を売買するときの取引価格を指します。

例えば、1ドル110円50銭という為替レートは、米ドル/円の価格であり、1ドルの価値が日本円で110円50銭であることを示しています。

この為替レートは常に変動しており、これを為替変動と呼びます。

為替変動があることにより、FX取引で利益や損失が生じます。

レバレッジとは?

レバレッジは、投資家が持つ資金の何倍もの規模で取引を行える仕組みを指します。

レバレッジの概念は「てこの原理」とも呼ばれています。

FX市場では、レバレッジの存在により、少額の資金からでも大きな取引が可能となります。

そのため、比較的少ない資金で取引を始め、大きな利益を得ることができるというメリットがあります。

しかし、高いレバレッジを利用した取引は、同時に大きなリスクも伴います。

レバレッジを使う場合には、為替変動の少ない日時を選ぶのがベストです。

証拠金

証拠金は、FX取引を行うために必要な担保となる資金のことです。証拠金を預け入れることで、取引が可能となります。

必要証拠金とは、希望する取引を行う上で最低限必要な資金のことであり、取引内容やレバレッジによって異なります。

たとえば、米ドル/円が1ドル100円の場合、1万通貨(100万円分)の取引を行うためには、25倍のレバレッジをかけた資金が最低限必要となります。

計算式は、100円 × 1万通貨 ÷ 25= 4万円であり、この場合の必要証拠金は4万円になります。

証拠金維持率

証拠金維持率は、口座内の時価評価総額に対する必要証拠金の割合を示す指標です。

計算式は時価評価総額÷必要証拠金×100となります。

たとえば、口座に10万円を入金し、米ドル/円が1ドル100円の時に1万通貨を保有する場合、計算は10万円÷4万円×100=250となります。

この場合、証拠金維持率は250%です。

証拠金維持率は、後述するロスカットと関連しており、リスク管理の観点からも重要な要素です。

資産の状況を把握し、証拠金を効果的に維持することが取引の安全性を高めるポイントとなります。

ロスカット

ロスカットは、証拠金維持率が一定の水準を下回った場合に自動的にポジションを強制決済する仕組みです。

ロスカットがある理由は、投資家を損失から保護し、証拠金以上の損失が発生しないようにするためです。

一般的なFX会社では、証拠金維持率が50%、もしくは100%を下回ってしまうとロスカットになります。

しかし、短期間で急激な価格変動が発生した場合、ロスカットが即座に機能しない場合もあります。

ロスカットは便利な安全装置ですが、無理な取引を行うことは避けるべきです。

マージンコール

マージンコールは、ポジションの含み損が膨らんだことで、FX会社から証拠金維持率を回復させるために追加の入金を求められる状況を意味します。

マージンコールを受け取った場合、投資家は追加の証拠金の入金を行うか、ポジションを決済するかを判断する必要があります。

ロット(Lot)

ロット(Lot)は、取引数量を意味します。FXで取引数量を上げたり下げたりするのは、ロットで調整を行います。

ロットを増やすと潜在的な利益も増加しますが、同時にリスクも増加します。逆に、ロットを減らすことでリスクを抑えつつ取引が行えます。

取引においてロットの調整は、リスクとリターンのバランスを考慮して慎重に行うべきです。

投資目的やリスク許容度に応じて適切なロットサイズを選択することが重要です。

FXのリスク

FXのリスク

FXの基礎的な知識について学んだ後は、初心者が陥りがちな失敗について事前に学んでおくのがベストです。

機械的に取引を行うのはプロでも難しく、ある程度の基準を自分で決めておくのがベストな手法となります。

ロスカットによる退場

初心者が陥りやすい失敗の一例は、ロスカットです。

ロスカットによる退場が発生する背景には、マージンコールを無視したり、損切りポイントを明確に設定せずに取引を行ったりすることが挙げられます。

リスクを無視した取引は、実質的には投資とは言えません。

安定した取引を実現させるためには、リスク管理が非常に重要です。

適切な戦略や計画をもってリスクを最小限に抑え、市場変動に柔軟に対応することが求められます。

ギャンブルで大損

FX初心者がいきなりレバレッジを最大25倍までかけ、1度に大きな利益を追求しようとするアプローチは危険です。

その理由は、1回の取引で急激な損失が生じる可能性があるからです。

初心者の中には、FXをギャンブルと勘違いし、一発逆転を狙ったトレードを行う人がいますが、このようなアプローチではFXを続けることは難しいです。

ハイリスク・ハイリターンのギャンブルではなく、投資という意識を持つことが大切です。

安定性とリスク管理を考慮した取引戦略が、長期的な成功につながります。

FXのリスクを回避する方法

FXのリスクを回避する方法

FX初心者がロスカットによる退場やギャンブル取引で損をしない方法を紹介します。

損切りラインを決める

ロスカットを回避し、安全な取引を行うためには、損切りを徹底することが重要です。

損切りを実行することで、損失を最小限に抑えることが可能です。

事前に損切りポイントを明確に設定し、そのラインに達したら断固としてポジションを決済するよう心がけましょう。

損切りは必要以上の損失を回避するために不可欠です。

error: Content is protected !!