FX口座の開設方法! 必要書類や審査基準をプロが解説

FX口座の開設方法! 必要書類や審査基準をプロが解説

記事内に広告を含みます

FX口座を選ぶ際のポイントや必要書類、口座開設から取引までのステップ、審査での注意点など、初心者にもわかりやすく解説します。

この記事では、FX口座を開設する際に役立つ知識を学び、スムーズにFX取引を始めるための手順を紹介します。

初心者向けに口座開設をスタートする際に必要な情報も提供し、おすすめのFX会社も紹介しています。

是非参考にして、FX取引を始めてみてください。

女性
女性

FXの口座開設をスムーズに行いたい…

男性
男性

初心者におすすめのFX会社はどこ?

現役FXトレーダー
現役FXトレーダー

FX取引をはじめるにあたっては、初心者にとって使いやすくで便利な証券会社がおすすめです。

現役FXトレーダーが監修
FXの神様

当サイトの記事は、現役FXトレーダーによる監修のもと運営されています。

情報参照サイト

FXは口座を慎重に選ぶことが大切!

FXの概要

FXで成功するためには、口座の選択が非常に重要です。

なぜなら、FX会社によって運用コストや取引ツールの使いやすさが異なるからです。

例えば、コストが高い口座だと利益率が低下する可能性があり、使いにくいツールだとスムーズな取引が難しく、誤操作による損失を招くことがあります。

実際の取引を始める前に、各FX会社を比較し、自分に適した口座を慎重に選ぶようにしましょう。

FX口座を選ぶ3つのポイント

FX取引のポイント

FX口座を選ぶ際には、次の3つのポイントが重要です。

  • スプレッドが狭い
  • 取引ツールが使いやすい
  • スワップポイントの高さ

各FX会社のポイントを確認・比較してから、実際の取引を始めるよう心掛けましょう。

スプレッドが狭い


FX口座を開設する際には、スプレッドの狭さが非常に重要です。

なぜならスプレッドの狭さは、取引にかかるコストや利益率に直結しているからです。

例えば、1万通貨の取引を10回行う場合、スプレッドが0.2銭と1銭では、コストに大きな違いが生じます。

  • 0.2銭:200円(取引1回あたり20円)
  • 1銭:1,000円(取引1回あたり100円)

5,000円を稼いだ場合、手元に残る金額はスプレッドが0.2銭なら4,800円、1銭なら4,000円となります。

現役FXトレーダー
現役FXトレーダー

スプレッドの狭さの違いが利益率に大きな影響を与える点に注意しましょう。

注意

実際には、スプレッドは新規注文を行った時点で評価損益に加えられます。

例えば、0.2銭のスプレッドで1万通貨の新規注文を行った場合、評価損益が-20円でスタートすることになります。

後からまとめて引かれるわけではないので、注意が必要です。

取引ツールが使いやすい

取引ツールの使いやすさも重要です。

なぜなら、取引ツールが使いにくいとスムーズに操作できなかったり、誤操作による損失を招く可能性があるからです。

FX会社によって取引ツールの特徴が異なるため、自分にとって使いやすいものを選ぶことが重要です。

自分に合った取引ツールを見つけるためには、デモトレードで操作感や画面構成などを確かめるのがベストです。

ポイント

デモトレードは、口座開設をしなくても利用できることが一般的です。

メールアドレスとパスワードだけで簡単に登録・開始できる手軽さがあります。

スワップポイントの高さ

トレードスタイルによっては、スワップポイントの高さも重要になります。

中・長期の運用では、スワップポイントが高い方が利益を積み上げやすくなるからです。

たとえば、米ドル/円のスワップポイントはFX会社によって1円~11円まで大きな差があります。

FX会社が得意とするサービスが異なるため、トレードスタイルに合わせて使い分けることが大切です。

初心者におすすめなFX会社3選

FX投資 メリット

初心者向けのFX口座として次の3社をおすすめします。

  • DMM FX
  • みんなのFX
  • LIGHT FX

スプレッドが狭く、取引ツールも高性能かつ使いやすい場合、どのFX会社を選んでよいか迷ったときは、これらのポイントを参考にしてみてください。

FX口座を開設するための必要書類

FX口座を開設するのに必要な書類は、次の2点になります。

  • マイナンバー
  • 本人確認書類

口座開設を行う際には忘れずに準備を行いましょう。

マイナンバー

マイナンバーが記載されている証明書を提出します。

  • 個人番号カード
  • 個人番号通知カード

個人番号カードの場合は、マイナンバー通知と本人確認が同時に行われるため、本人確認書類は不要です。

一方で、個人番号通知カードではマイナンバー通知のみが行われるため、次に紹介する本人確認書類が必要となります。

本人確認書類

本人確認書類は次のいずれかを提出してください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード(日本に中長期間滞在する外国人の方)
  • 特別永住者証明書(外国人登録証明書に代わる証明書)

個人番号通知カードを持っている場合、運転免許証やパスポートなど写真付きの本人確認書類があれば、これだけで1点の提出が可能です。

ただし、写真のない本人確認書類の場合は、健康保険証と印鑑証明書など2点の提出が必要です。

FXの口座開設のみ開設するデメリットは?

FX デメリット

FXの口座開設のみを行う場合、特にデメリットはありません。

口座維持費は発生しないため、入金して取引を行わない限りはコストがかかることもありません。

自分にあった証券口座を見つけるためにも、複数の口座を開設しするのがベストな選択肢となります。

現役FXトレーダー
現役FXトレーダー

一般的にプロのFXトレーダーは約2〜3社の口座を取引で使っています。

学生でもFX口座を開設できますか?

FX 質問


20歳以上であれば、大学生でも口座開設が可能であり、利用できるFX会社も制限されません。

しかし、未成年の場合は、口座開設が可能なFX会社は以下の3社に限られます。

  • みんなのFX
  • LIGHT FX
  • SBI FXトレード

同様に、高校生が口座開設できるのはSBI FXトレードのみです。

法定代理人の書類が必要

未成年者がFX口座を開設する際は、法定代理人(両親・親権者)の書類が必要となることがあります。

  • 法定代理人であることを証する書面(戸籍謄本)
  • 法定代理人の本人確認書類(免許証等)
  • 未成年者の取引に関する同意書


未成年で婚姻もしていない場合は、先述した書類が必要です。

一方、未成年で既婚者の場合は、上記の書類3つの提出は不要となり、代わりに婚姻証明書類の提出が求められることがあります。

海外FXの口座開設に関する注意点

FX 注意点


基本的には、海外FXの利用は慎重が必要です。

なぜなら、次のようなデメリットがあるからです。

  • 国内よりもリスクが高く、リターンも高い傾向があります。
  • 出金が拒否されるトラブルの可能性があることに注意が必要です。
  • 詐欺業者に遭遇する可能性があるため、信頼性の確認が必要です。
  • 金融庁に登録されていない業者も存在し、取引先の信頼性を確認する必要があります。
  • 信託保全が行われていない場合があり、資産の保護が不十分な可能性があります。
  • 出金に際して手数料がかかることがあるため、コスト面での検討が必要です。
  • 日本語でのサポートがない場合、コミュニケーションに課題が生じる可能性があります。
  • 税金の取り決めが異なるため、高い税金が課せられることがあります。

これらの理由から、海外FXの利用に際しては慎重に調査・検討することが重要です。

現役FXトレーダー
現役FXトレーダー

初めてFX取引をはじめる方は、安心と信頼のある日本の証券口座で取引を開始するのがおすすめです。

FXの口座開設 まとめ

FX まとめ

今回はFXの口座開設について紹介しました。

  • FX口座は慎重に選ぶ
  • スプレッドの狭さ・取引ツールの使いやすさ・スワップポイントの高さを重視
  • 学生でも口座開設はできる

FXを行う際には、自分にあった口座を選びましょう。

error: Content is protected !!